歯科用レセコン・電子カルテの選び方

2014年04月19日

歯科求人している平澤です。

現在、歯科衛生士・歯科医師ともに募集中です。

見学希望のかたは連絡ください。

 

今回は開業を考える歯科医師向けの話題。

 

歯科用レセコンは通常、勤務医時代に使用していた機種

を引き続いて使っているケースが非常に多い。

 

私も開業時には忙しくてさまざまな歯科材料は吟味しましたが、

歯科用レセコンは全くスルーで勤務医時代のメーカーをそのまま使用しました。

 

しかし今になって反省するには

かなり高額なものなので、歯科材料以上に吟味が必要と思います。

 

特に考えないといけないのでその契約システム。

 

開業時にはあまり考えてない事柄ですが、

多くのメーカーが6から7年で契約終了になる。

 

そのため歯科用レセコン・電子カルテ自体が

ほとんど改良されていないにもかかわらず、

また新たに購入するための費用が必要になるのです。

 

私が開業した14年前には扱っているメーカー少なかったのですが、

今では多くのメーカーがあるので、吟味が肝心です。

 

ちなみに契約切れで旧データを移行できるメーカーは非常に少ないです。

私が調べた13メーカー中、2つだけが確実

、2つぐらいが多分出来るとの回答でした。

 

当院に勤務する歯科医には詳しく教えたいと思います。

 

 

 

 

ページトップへ