歯科用CTは経営的効果をもたらすのか?

2014年07月11日

成城学園前で歯科医師等の求人している平澤です。

 

今日は歯科用CTがどれだけ経営的効果をもたらすのか

検証したい。

 

ただしインプラントや矯正などの自費の効果は除いて

あくまで健康保険内においての話。

 

過去1年間で計算してみたところ、

当院でパノラマとデンタルの合計で約60000点のデジタル加算が確認できた。

 

ここに智歯や顎関節症で必要な場合は歯科用CT撮影として

1回につき1170点取れるとのこと。

 

これがどれだけあるかは集計できませんでしたが、

月3から4人と計算して年間総計10万点と試算できました。

 

つまりユニット10台規模の大規模歯科医院で無い限り、

やはり健康保険ではペイしないので自費が必須のようです。

 

 

 



ページトップへ