TCH是正セミナーに参加しました。

2017年12月08日

IMG_5283331.jpgのサムネイル画像

 

11月23日に、TCH研究会様主催のTCH是正指導セミナーに参加しました。

 

 

TCHとは、「Tooth Contact Habit」の略で、

上下の歯を接触させたままにする行為を繰り返す習慣性の行動パターンのことです。

 

歯を喪失する理由として、虫歯や歯周病はきっとすぐに思い浮かぶと思います。

意外と知られていないのが、力による歯の喪失です。

 

「歯ぎしり」や「食いしばり」と言われると、

強い力で上下の歯が当たっている状態を想像するのではないかと思いますが、

軽い力で上下の歯が当たっているだけでも、歯には力と負担が掛かっています。

その力が、歯根破折や虫歯の原因になったり、

顎関節症、咬合痛、知覚過敏などの原因にもなります。

 

TCHは自覚症状がない場合がほとんどだそうです。

今回のセミナーでは、TCHを改善するための行動変容法についても

勉強させて頂きました。

 

今後は、プラークコントロールと同じくらい、

TCHコントロールが必要になってくるのではないかと思います。

 

素晴らしい先生方のご講演を聞き、大変勉強になりました。

今後の診療でも取り入れていかなければいけないと思いました。

ページトップへ