<< 歯科技工士 専門学校の選び方  | 歯科質問100へ戻る  |  歯科衛生士 専門学校 >>

歯科衛生士 歯科助手

あなたは歯科衛生士と歯科助手の違いを知っていますか?

歯科衛生士と歯科助手の違いが分からない方にとっては、どちらも「歯医者さんで働いているお姉さん」というイメージのようです。

 

歯科衛生士と歯科助手の違いをお話しますね。

 

歯科衛生士は国家資格です。国に定められた歯科衛生士の学校を卒業し、国家試験を合格した人のみが、歯科衛生士として認可されます。

 

対して、歯科助手は資格などの決まりがありません。歯科に関する勉強をしていなくても、歯科助手として働くことができます。

 

歯科衛生士と歯科助手の決定的な違いは、「医療行為が出来るか出来ないか」ということです。もっと簡単に言えば、患者様のお口の中に触ることが出来るのが歯科衛生士、触ることが出来ないのが歯科助手、ということです。

 

歯科衛生士は歯石を取れますが、歯科助手は歯石を取れません。

歯石除去は医療行為だからです。

 

先生の診療補助は、歯科衛生士も歯科助手も行うことが出来ます。

診療補助は医療行為ではなく「先生のお手伝い」だからです。

 

当医院では、歯科衛生士と歯科助手の仕事を正しく分けて行っています。歯科衛生士の仕事を歯科助手が行うというような違法な行為はしていませんので、患者様としても、スタッフとしても安心できますよね。

 

 

ページトップへ